本文に進む メインメニューを開く

広報センター

KOREA HEAT TREATMENT

広報センター

Customer
Service

02-2270-9483

FAX : 02-2207-9661

    HOME > 広報センター > KORHEAT ニュース

    KORHEAT ニュース

    常に一歩先を行くという信念を軸きます。
    言論の中で昨日と今日、そして最新情報まで皆様と共にします。

    鉄筋コンクリート螺旋形帯鉄筋工法(KSS工法) 建設技術指定

    관리자 2021-09-16 照会数 374

    20200530 鋼材帯鉄筋量を30%減少させても主鉄筋の座屈強度を増大させる鉄筋コンクリート螺旋形帯鉄筋工法が国土交通部の建設新技術(889)に指定された。

    新技術指定、高麗熱錬, デリン産業, ホブ構造エンジニアリング, 公州大産学協力団共同研究開発結果建設現場適用した成果である。

    新技術名は、帯鉄筋の間に平面状の螺旋形補助帯鉄筋が連続される鉄筋コンクリート角形柱横補強用の螺旋形帯鉄筋工法(KSS工法)である。

    工法深部コンクリートの拘束効果、主鉄筋座屈強度増大させ、柱靭性能力とエネルギーの消散能力向上、建築構造物耐震性能きく改善したことが特徴である。